プリンターで有名なメーカーのひとつがcanonです。その特徴は、写真も文字も綺麗に印刷する事が出来るという事です。色鮮やかな写真を印刷したいと考えるのであれば、他のメーカーの方が向いている事があります。ですが、色の鮮やかさにはこだわらない、自然な雰囲気の写真になれば良いというのであれば、充分にその役割を果たしてくれます。そして一般的な文書もはっきりとした文字で印刷をしてくれるので、見やすく仕上がります。その上、コストパフォーマンスも悪くないので、使いやすいプリンターとして人気になっています。写真の画質に強いこだわりがない、日常的な写真や年賀状の印刷、文書印刷が出来るのであればそれで良いと考える人には、最適なプリンターとなっています。

コストパフォーマンスの面で考えると

canonのプリンターの特徴のひとつに、コストパフォーマンスが良い物が多いという事があります。インクの中には、大容量のものもあり、大容量のものを選んでおけば、文書等はとても安く印刷をする事が出来るようになっています。プリンターを使って印刷をする内容というのは人によって異なります。主に文書を印刷する、カラーは年賀状程度しか使わないという場合等は、黒が大容量になったものを選んでおくと、とてもコストパフォーマンスが良い状態で使っていく事が出来ます。このコストパフォーマンスに関しては、購入時にしっかりと確認しておく事が大切です。インクを交換する時には決まった型番を選ぶ必要がある為、本体を購入すれば、その設定に従う事になります。それだけに購入時に比較検討する事が重要になってきます。

カラーの場合は色数や形状を確認しておく

canonのプリンターを選ぶ時に、しっかりと確認しておきたいのが、インクカートリッジの形状です。カラーは最もシンプルなものであれば、シアン、マゼンタ、イエローの3色で、それ以外に黒が入る形となります。年賀状等はこのタイプで問題がありません。写真を綺麗に印刷したいと考えるのであれば、5色や6色のものを選んでおく事が有効です。それによって写真の仕上がりが大きく変わってくる事になります。黒はカートリッジが独立した形になっている事が一般的ですが、カラーのカートリッジに関しては、3色がひとつのカートリッジになっている事もあれば、セパレートになっている事もあります。コストパフォーマンスの良さを考えるのであれば、なくなった色のみを交換できるセパレートタイプがおすすめです。