世の中には多くのプリンターが存在しています。当然それに使われているインクというのも会社ごとにありますし、純正品の他に百均で買えるようなものまで存在します。それは数えだせばきりがないほどあります。その中でもよく使われているのがcanonのプリンターです。誰もが聞いたことのある大手メーカーですし、学校や会社で使われていることも多いので見たことがある人も多いことでしょう。当然そのcanonのプリンターのインクもたくさんの種類があります。大手会社でメジャーなプリンターであるがゆえに他社からも似たような製品が発売されています。しかし、そのように多くの製品がある中でも純正品をお勧めしたいと思います。今回はおすすめする理由、つまり製品の魅力についてお話しします。

色の組み合わせなど、種類が豊富

canonの純正品インクを使う最大のメリットはその豊富さにあります。一般的な赤や青、黄、黒などは当然まとめてセットでも売っていますし、個別にも売っています。しかし、それだけでなく、良く使う赤と青と黄だけセットにしたバージョンや、文字をよく印刷する人のため黒のカートリッジが大きいもの、全色入っていて特定の色だけ複数入っているなど組み合わせ違いが多く存在します。また、微妙に色合いが違う赤や青、黄、黒などの色が入ったバージョンも存在します。そのようなものは写真などを印刷する際により色鮮やかに印刷することが出来るため重宝します。このように多くの組み合わせを用意し、種類が豊富なため、自分の用途に合ったものを選んで購入することが出来るというのが最大の魅力です。

他にはない高いコストパフォーマンス

次の魅力はそのコストパフォーマンスの高さです。当然純正品というのは価格が高いです。全くクオリティの同じ製品の純正品を買うと、クオリティは変わらないのにコストだけはかかってしまうという結果になります。しかし、canonはさすが大手というべきか、価格は高くともクオリティも高く、他社の追随を許しません。先ほど述べた種類が豊富なこともそうですか、クオリティも高く、純正品ゆえにプリンターにフィットするなど多くの点でメリットが存在します。この数々のメリットを考えればコストパフォーマンスにかなり優れていると言えます。用途に応じてインクを使い分けるのであれば、純正品を購入しておけば間違いがなく、手間などの面を考えてもやはりコストパフォーマンスが高いということが出来ます。